oitake blog

いろいろリンク

おすすめリンク

最近のエントリー

カテゴリー

20101012:コメントとトラックバックを停止したことにより、このサイトはアーカイブとなりました。以降、ご連絡はみもねるのウェブサイトへお願いします。
20100703:新ナマコメ(ナマコメ 2)を公開しました。コメントビューア付きで送信面においてもパワーアップしています。
旧ナマコメは将来的に使用できなくする予定なので、可能な限り新ナマコメをお使いください。
20091127:oitake は みもねる になりました。当ブログは無期限更新停止となります。詳細は最新の記事をご覧ください。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2009.12.16 Wednesday | | - | - | -

逆文

。すでトッレクーマクッブるえ替び並)てっか向に頭文らか末文(にまさ逆をトスキテ


。んせまきつい思が途用
。しだトッレクーョジ。んう。すでいなえ使。ねすでいな、え使、かと時いたし換転分気、かと時る見をジーペいなくたれら見はに人

「自爆!」スクリプト第2版&自爆スイッチ


要素と文字がバラバラに爆発する「自爆!」スクリプト、少し修正しました。
.jsファイルをscript要素で読み込むか、ファイル内のスクリプトをHTMLにペーストしてください。

<script src="{.jsファイルのパス}" type="text/javascript"></script>

仕様も少し変わりました。こんな感じです。

・自爆させたい要素に任意のclass属性値を設定してください。
・JavaScript「jibaku.go('{class名}');」で自爆します。
・{class名}には任意のclass属性値が入ります。
・ユーザー定義変数で自爆の仕方をカスタマイズできます。
・Safariでは、自爆したりしなかったりします。
・Netscape Navigatorでは、一部の文字が一箇所に集まってしまうかもしれません。また、ブラウザが非常に重くなるので、自爆させる際はFirefoxなどをオススメします。

そして今回はもうひとつ。
「自爆!」スクリプトを発動する「自爆スイッチ」を作ってもらいました!ヽ(´ー`)ノ
スクリプトといっしょに、スイッチも、ぜひ。

自爆!

<a href="javascript:jibaku.go('{class名}');void(0);"><img src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/936/307110/20061128_136858.gif" width="159" height="59" alt="自爆!" border="0" /></a>

「{class名}」にはあらかじめ設定したclass属性値を記述してください。
それでは最後にお約束を。

「自爆!」スクリプト第1版

「自爆!」スクリプト第2版を使ってください。
右サイドバーにぶらさがっているマスコットキャラクターを見てください。柿みたいなカワイラシイ顔ですね。
さらにその下を見てください。「自爆!」とあります。これが今日の作品です。

この自爆リンクをクリックすると、右サイドバー、およびこの記事が爆発しますので、押さないでください。
しかも、たいへん重たいスクリプトなので、マシンパワーに自信のない方もやっぱり押さないでください。

それでも押しちゃって、気に入っちゃって、自分のサイトにも使いたい、とか思っちゃった人はこちらから.jsファイルをダウンロードできます。


※MacintoshのSafariでは、なぜか右サイドバーが自爆しません。
※MacintoshのNetscape Navigatorでは、笑えないくらい遅くなります。
→Macintoshの方にはFirefoxをおすすめします。

Image Waves

画像サイズを酔うっ!ていうくらい変化させて、ページ全体が波打っているように見せるブックマークレット。
ちょっと前に流行った「ページ内の画像をうねうねさせるブックマークレット」に軽く嫉妬して作りました。


▲静止画ではわかりにくいけど、波打ちます。

キモ度では勝ったな。
実際に使ってみたい人は、下記リンクをお気に入りやブックマークに登録してから、画像のたくさんあるページで使ってください。

Image Waves

さらに酔える「Image Waves +」もあります。

Image Waves +

長時間見続けると目に悪いの注意。

クエイク!

クエイク!


嫌なことがあったら、

クエイク!

ちょっとスッキリするブックマークレットです(このブログだと挙動が変かも)。
ウェブページに組み込んで自サイトを崩壊させたい方は、続きからソースコードをどうぞ。

続きを読む >>