oitake blog

いろいろリンク

おすすめリンク

最近のエントリー

カテゴリー

20101012:コメントとトラックバックを停止したことにより、このサイトはアーカイブとなりました。以降、ご連絡はみもねるのウェブサイトへお願いします。
20100703:新ナマコメ(ナマコメ 2)を公開しました。コメントビューア付きで送信面においてもパワーアップしています。
旧ナマコメは将来的に使用できなくする予定なので、可能な限り新ナマコメをお使いください。
20091127:oitake は みもねる になりました。当ブログは無期限更新停止となります。詳細は最新の記事をご覧ください。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2009.12.16 Wednesday | | - | - | -

ニコニコ動画:作業用BGMを一曲ごとに分割するプログラム

 oitakeは普段、ニコニコ動画で作業用BGMを聴いています。複数の曲がひとつにまとめられている動画です。気に入ったものがあれば、GetFLVで.flvファイルをダウンロードして、FLVExtractで.mp3ファイルに変換、それからMP3プレイヤーに保存したりもしています。
 ただ、あくまでも“複数の曲が入ったひとつのファイル”なので、“曲を飛ばす”ことができません。そもそも気に入った曲だけ保存することができません。というわけで、“複数の曲が入ったひとつのファイル”を一曲ごとに分割したい、“曲と曲の間の無音部分”で分割してくれるソフトがほしい、と思っていたのですが…あるものですね。「mp3splt」というGPLライセンスのソフトを見つけました。これで.mp3ファイルを無音部分で分割することができます。が、コンソールプログラムなので扱いが面倒くさい(GUI版もあるのですが、使い方がよくわからない)。そこで「mp3splt」を簡単に扱えるようにするスクリプトを作ってみました。


 「SplitMP3.js」に.mp3ファイルをドラッグ&ドロップしてください。.mp3ファイルと同じフォルダに分割されたファイルが生成されます。ただし、ファイル名やフォルダ名に半角スペースが入っていると正常に処理されないかもしれません。
 なお、初期設定では1秒以上の無音部分で分割されます。この“無音部分の最短時間”を変更したい場合は、「SplitMP3.js」をテキストエディタで開き、「var silenceInterval=1.0;」の数字部分を任意の数字に置き換えてください。たとえば、“1秒ちょっとの無音部分が曲の中にある”場合は1.5に、“曲と曲をつなぐ無音部分が1秒もない”場合は0.75くらいに設定してみてください。
 ためしにニコニコオールスター作業用BGM(RC)を処理してみたところ、30個のファイルに分割されました。ただ、そのうち2、3個のファイルには2曲続けて入っていました。曲と曲の間に無音部分がない、あるいは“前の曲の終わり”と“次の曲の始まり”が重なっているためです。また、前奏…正確にはキャラクターのセリフ、しか入っていないファイルが1個ありました。“セリフの終わり”と“曲の始まり”の間の無音部分が1秒以上空いているためです。
 それでも(きちんと)無音部分の入っているファイルには効果抜群です。MP3プレイヤーの空き容量節減にもなって助かりました。ありがとうございます(σ'з')σ<mp3splt

これからPong3同様、DirectXを使った3Dゲームを作ろうと思っているのですが…また忙しくなってきたので、このまま年を越すことになりそうです。今度のゲームは単純なシューティングにする予定。あと、忙しいくせにLeft4Deadもオンラインでプレイしているので、見かけたら寛大な心でフレンドリーファイアを見逃してください。

GetFLV4:YouTubeにも対応したキャッシュコピースクリプト

GetFLV3にYouTubeのキャッシュも取得する機能を追加した「GetFLV4」を作りました。


使い方は今までどおりです。
IEでYouTubeの動画ページを開く→完全にダウンロードされるまで待つ→GetFLV4.jsを実行する→同階層に「200808111400_1_get_video[1].flv」というような名前のファイルが生成されます。
拡張子が「.flv」となっていますが、もしかしたら違う種類の動画ファイルかもしれません。ただ、oitakeも試しに何本か動画を取得してみましたが、全てGOM Playerで再生できました。おおかた問題ないと思います。

今はこれだけっ!ではでは。

GetFLV3:ニコニコ動画の.swfファイルにも対応

というわけで、ご要望にお応えしてGetFLV3を作りました。
ファイル名に「smile」という文字列を含む.swfファイルも移動/複製します。Dot Catchも保存できるよ!
下のリンクから何とかしてダウンロードしてください。


ついでにスクリプトも書き直しました。
「ユーザー変数」はカスタマイズ可能ですのでいじってみてください。JScriptがわからない人も直感でいじれると思う。
あと、処理完了のメッセージボックスが表示されますが、1秒くらいで自動的に消えます。処理が完了するまで、ファイル操作などせずにゆっくりしていってね!

…まだ忙しいので、これくらいしか作れません…( ノД`)

追記:実行するたびに「実行してもいい?」というWindowsのメッセージボックスが表示される場合は、ファイルのプロパティで「ブロックの解除」ボタンを押してください。

GetFLV2:H.264エンコーディングの動画を取得できない方へ

最近になって、FlashムービーをGetFLVで取得できないことがありませんでしたか?
そしてその動画、超高解像度で話題のH.264エンコーディングではありませんでしたか?
もしそうであれば、GetFLV2を使ってみてください。(たぶん)問題は解決します。


使い方は以前と同じ。上記リンクからGetFLV2.jsをダウンロード、動画を最後まで閲覧してからGetFLV2.jsをダブルクリックしてください。同階層に動画ファイルが生成されます。

続きを読む >>

ニコニコ動画に初投稿&覚え書き



ニコニコ動画に自作動画を初めて投稿しました。
大昔に作ったCGのまとめ動画です。


CG自体はPHPで自動生成したものです。当時は「プログラムで自動的に画像を作成する」ことに凝っていて、色々な生成アルゴリズムを作っていました。そのうち「自動生成した画像は、どれも雰囲気が似ていて飽きやすい」ことに気付くと、ッポイ、ってしちゃいましたが…( ̄- ̄;)
でもこのフサフサCGはキレイですよ。

それはそれとして、oitakeの動画作成手順と投稿手順をまとめてみました。
ただし、oitakeは動画に関しては素人です。動画の種類にもよりますが、これが最良の手順、とは間違いなく言えません。

1.Windows Movie Makerで動画を作成。
2.「コンピュータの最高の品質」で.mswmmファイルを書き出し。
  100MB以下が望ましい。
3.SUPERで.flvファイルにエンコード。40MB以下であること。
  フレームレートは25、ビットレートは3600。音質は最高レベルで。
4.SMILEVIDEOから.flvファイルをアップロード。
5.サムネイルを再生時間から選択。公開状態を「公開」に。
6.その他、色々な情報を設定して投稿完了。
  タイトルや作者コメントは後から編集できるが、新着動画に掲載される最初が肝心(新着動画に掲載されるまで1時間くらい)。
7.とりあえず動画の不備をチェック。ボリュームもチェック。
8.動画の登録タグを編集。必要であればロックする。
  作者コメント同様、検索機能を意識してSEOにも配慮する。
9.任意で補足コメントを入力。
10.記念にマイリストへ登録。

特に音量は要チェックです。oitakeはランキング上位の動画から.flvファイルを抽出→比較して調節しました。それでもまだ大きかったかも。
本当はちゃんとしたエンコーダーを使うべきなのでしょうが、難しくてよくわからない…でもそれほど汚くないからいいや(σ'з')σ