oitake blog

いろいろリンク

おすすめリンク

最近のエントリー

カテゴリー

20101012:コメントとトラックバックを停止したことにより、このサイトはアーカイブとなりました。以降、ご連絡はみもねるのウェブサイトへお願いします。
20100703:新ナマコメ(ナマコメ 2)を公開しました。コメントビューア付きで送信面においてもパワーアップしています。
旧ナマコメは将来的に使用できなくする予定なので、可能な限り新ナマコメをお使いください。
20091127:oitake は みもねる になりました。当ブログは無期限更新停止となります。詳細は最新の記事をご覧ください。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2009.12.16 Wednesday | | - | - | -

落書きライト:線の太さを変更する機能を実装


↑右下のアイコンをクリックすると線の太さを変更できます。

予告通り、落書きライトに線の太さを変更する機能を実装しました。今回は上手く行ったヽ(´ー`)ノ

つまづいた点もないので、ActionScript3におけるprototypeの使い方でも紹介します。といっても、oitakeは根本まで理解していないので、上っ面だけの紹介です。

クラス.prototype.メソッド=function(引数:型=初期値,...):クラス
{
    (ここに処理が入る)
    return this;
};

こんな感じです。内部では「this.プロパティ」でプロパティにアクセスできます。別に値を返す必要はありません。
自分で定義したprototypeを呼び出すには、

Object(インスタンス).メソッド(引数,...);

などとします。Objectクラスでキャストする必要があるみたい。ちょっと面倒。

紹介しておいて何ですが、Adobeはprototypeでゴニョゴニョするのを認めない、というようなくだりがリファレンスにありました。どちらにせよ、手堅く普通の関数を定義した方がわかりやすいかもしれませんね。
次はメッセージボックスを実装してみようかな。

スポンサーサイト


2009.12.16 Wednesday | 21:03 | - | - | -