oitake blog

いろいろリンク

おすすめリンク

最近のエントリー

カテゴリー

20101012:コメントとトラックバックを停止したことにより、このサイトはアーカイブとなりました。以降、ご連絡はみもねるのウェブサイトへお願いします。
20100703:新ナマコメ(ナマコメ 2)を公開しました。コメントビューア付きで送信面においてもパワーアップしています。
旧ナマコメは将来的に使用できなくする予定なので、可能な限り新ナマコメをお使いください。
20091127:oitake は みもねる になりました。当ブログは無期限更新停止となります。詳細は最新の記事をご覧ください。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2009.12.16 Wednesday | | - | - | -

落書きライト:ボタンを自前で作ってみた


↑何度も書きますが、描けます。

落書きライトにボタンを付けてみました。
付けてみた後でSimpleButtonクラスの存在を知りました。やっぱりゼロから手打ちだときついよね…。
マウスカーソルが重なると色が変わるようにしましたが、一記事のネタになるほどのことでもなかった。でもいちおう更新した。

それだけー(σ'з')σ

落書きライト:リモートに保存&読込機能追加


↑Sキーで自分の絵を保存可能。反応はありませんが、保存はされています…。
 反映されない時は(キャッシュを消してから)更新してみてください。

落書きライトに保存機能と読込機能を追加しました。
今回からはローカルではなく、リモートに保存されます。つまり、他のユーザーと同じキャンバスを共有することになります。

絵は全部で10個まで保存可能。
10個を超えると、最初の1個が消えていく感じです。以前紹介したFBS(Font Board System)と同じですね。
古い絵になればなるほど薄くなっていくのも同じです。

というわけで完成形の骨格ができました。
次はインターフェイスを作ってみようと思います。といっても、ActionScriptの勉強しながらなので、また更新が遅れるかもしれませんが(ー"ー;)

落書きライト:SharedObjectで保存&読込


↑D&Dで線を描画、Sキーで保存、Lキーで読込、Delキーで線を消去します。

落書きライトをローカル上に保存、読込できるようにしました。
せっかく描いたのに、ブラウザを閉じたら見れなくなっちゃう!ということは回避できますね。そんなに力入れて描くほどのものでもないけど。
一度保存すると、次回起動時には最初から保存した絵を読み込んでくれます。なので人に見せられないような絵は保存しない方がいいと思う。

Flashコンテンツはリモートプログラムを通さないとデータをファイルに書き込めませんが、SharedObjectを使えば特定のローカルファイルに書き込んだり読み込んだりできます(初心者の知識なのであしからず…)。
SharedObjectはActionScriptから書き込み/読み込み可能なローカルファイルみたいなものです。これらはURLごとに用意されるので、任意のファイルを指定することはできません。したがって一時的な目的にしか使えませんが、それでも役に立つと思います。カウンターを踏んだかどうかとか。

SharedObjectの作り方はこんな感じ。

import flash.net.*;
var so:SharedObject=SharedObject.getLocal('SharedObjectEx');

書き込みはこう。

so.data.text={文字列};
so.flush();

そして読み込み。

if(so.data.text)
{
    {文字列}=so.data.text;
}

nullのプロパティは読み込めないので、if文は必須です。

落書きライト:Flashで再出発


↑描けます。

まず残念なお知らせです。
Silverlightとは、やっぱり別れることにしました。色々遊んでみたけれど、本気で付き合うには早すぎたようです。せめて日本語が表示できるくらいに成長してから、もう一度付き合ってみようと思います。

それから、ごめんなさい。
一週間も間を空けてしまいました。Silverlightを見限った都合上、落書きライトの開発はFlashでがんばるしかないと思い、ActionScriptを一から勉強していたら予想以上に日が経ってしまったようです。
お詫びにはならないかもしれませんが、.asファイルのソースコードを続きに載せておきました。Flex2.0のmxmlc.exeでコンパイルできます。oitakeと同じようにActionScriptを勉強中の方には少しだけ足しになるかもしれません。

で、肝心の落書きライトですが、まだ描画機能しか備わっていません。他の機能はこれから急いで実装します。
たぶん。

続きを読む >>

落書きライト:描画データの保存&読み込み機能を実装


3日も空いてしまいました。
その間、Silverlightとケンカして別れようと思ったことが二、三度あったんですが、何とかよりを戻して一緒にやっていくことになりました。早い話挫折しかけた。

本題です。
Silverlightにはファイルを書き込んだり読み込んだりする機能がないようです。せめて読み込む機能くらい付けてほしいところですが、ここでグチっても仕方がないので、代わりにAJAXからリモートプログラム経由で読み書きできるように落書きライトを拡張しました。
Ctrl+Sキーで描画データを保存、F9キーで読み込みます。起動時にも自動的に読み込みます。ただし、お絵描き掲示板を目指しているので、読み書きするデータは全ユーザー共有です。他の人の描いた絵の上に自分の絵を描くことになります。あるいは、Deleteキーでキャンバスを塗り潰してから自分だけの絵を描くことも可能。どちらにせよ人目に触れることを前提にして描いてください。このあたりはFBSと一緒ですね。
それから、3px以内の線は描画しないようにしました。キャンバスをクリックしただけで線が引かれることはありません。

とりあえず日本語のテキストがほしい…。
次回は(上手く行けば)ボタンとか付ける予定。

アーカイブ

広告