oitake blog

いろいろリンク

おすすめリンク

最近のエントリー

カテゴリー

20101012:コメントとトラックバックを停止したことにより、このサイトはアーカイブとなりました。以降、ご連絡はみもねるのウェブサイトへお願いします。
20100703:新ナマコメ(ナマコメ 2)を公開しました。コメントビューア付きで送信面においてもパワーアップしています。
旧ナマコメは将来的に使用できなくする予定なので、可能な限り新ナマコメをお使いください。
20091127:oitake は みもねる になりました。当ブログは無期限更新停止となります。詳細は最新の記事をご覧ください。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2009.12.16 Wednesday | | - | - | -

Google Analytics メモ

正直お薦めできません(ー"ー;)<使いづらいんだもん…

全体の流れとしては、プロファイルを作成→トラッキングコードをブログのテンプレートなどにペースト→ステータスを確認→1日くらい放置→データの収集開始、といった具合です。
以下、Googleアカウントの所有を前提としています。

<ホームページ>

http://www.google.com/analytics/ja-JP/

<プロファイルを作成する>

1.Google Analyticsにログイン。
初回ログインであれば3へ。
2.「プロファイルを追加」をクリック。
3.情報を設定。
「タイムゾーンの国または地域」の「日本」は、セレクトボックスの真ん中あたり。
4.「完了」ボタンをクリック。
5.トラッキングコードをコピー。
6.ウェブサイトにトラッキングコードをペースト。
※「</body>」の直前にペーストすること。
7.「完了」ボタンをクリック。
8.「ステータスを確認」ボタンをクリック。
「データの待機中/Analyticsを正常にインストールし、データの収集を開始しました。」と表示されれば作業完了。
※「ステータスを確認」しないと、データの収集は開始されない(かもしれない)。
※データの収集が開始されるまでには相当の時間がかかる。
9.「ログアウト」をクリック。

<プロファイルを削除する>

1.Google Analyticsにログイン。
2.任意のプロファイルの「削除」をクリック。
ただし、プロファイルがひとつしかない場合はクリックできない。
新しいプロファイルを追加してから削除する。
※アクセスログも削除される。
3.メッセージボックスが表示されたら、「OK」ボタンをクリック。
4.「ログアウト」をクリック。

<アクセスログを見る>

1.Google Analyticsにログイン。
2.任意のプロファイルの「レポートビュー」をクリック。
3.4つのグラフが表示される。
左上の「訪問数とページビュー数」を見るとよい。
※アクセスログの更新には相当の時間がかかる(1日前のデータと考えるのが無難か)。
※Macintosh OS XのSafariでは表示されない(らしい)。
4.「ログアウト」をクリック。

<プロファイル情報のサンプル>

ウェブサイトのURL:[http|https]://{URL}
デフォルトのページ:
タイムゾーンの国または地域:日本
タイムゾーン:(GMT+09:00)日本時間
URLクエリパラメータを除外:
eコマースウェブサイト:いいえ
通貨:USドル(USD $)
レポートダッシュボード:経営層,マーケティング担当者,ウェブマスター
レポートのカテゴリ:マーケティングの最適化,コンテンツの最適化

<トラッキングコードのサンプル>

<script src="http://www.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript"></script>
<script type="text/javascript">
_uacct="{ID}";
urchinTracker();
</script>

<ヘルプ>

http://www.google.com/support/analytics/?hl=ja_JP
基本的なFAQにとどまらず、様々なTIPSや拡張機能が紹介されている。
ヘルプ内の数値部分(「アクセスログの更新頻度は最大6時間」など)は変動する(かもしれない)。

テクノラティの検索URLをプチハック

テクノラティ(非API版)をプチハックしてみましょう。

<URL>

http://www.technorati.jp/search/
記事から検索。

http://www.technorati.jp/tag/
タグから検索。
今回、「タグ」を用いた検索には触れない。

<検索フレーズ>

URLの後には検索フレーズを入力する(扱いとしてはファイル名と同じ)。
検索フレーズはUTF-8でURLエンコードすること。
なお、エンコードされたURLのアルファベットは大文字であること。
以下、検索フレーズを構成する検索ワードの組み合わせ方。
「+」は「%20」(半角スペース)でもよい。

【検索ワード】+【検索ワード】
AND検索(出現順固定)。

【検索ワード】+AND+【検索ワード】
AND検索(出現順非固定)。

【検索ワード】+OR+【検索ワード】
OR検索。

【検索ワード】+NOT+【検索ワード】
NOT検索。
「NOT+」に続く検索ワードが除外される。

<GET値>

language=【言語コード】
言語指定。
日本語は「ja」。全言語は「n」。

<サンプル>


<注意>

テクノラティの検索プロセスは他とは違う。
先に「search.php」が呼び出され、ゴニョゴニョやってから、最終的な検索URLができあがる。
実際は違うかもしれないけれど、ワンクッションかましているのは確か。

Google Blog Search 日本語版 プチハック

Google Blog Searchの検索URLをプチハック。

<URL>

・http://blogsearch.google.com/blogsearch?
 インターフェイスモード。

・http://blogsearch.google.com/blogsearch_feeds?
 非インターフェイスモード。

<GET値>

・as_drrb=q&as_qdr=[h|t|d|w|m|a]
 投稿日時(固定幅)。
 左から[1時間以内|12時間以内|1日以内|1週間以内|1ヶ月以内|指定なし]。

・as_drrb=b&as_miny=[yyyy]&as_minm=[mm]&as_mind=[dd](&as_maxy=[yyyy]&as_maxm=[mm]&as_maxd=[dd])
 投稿日時(自由幅)。
 開始日〜終了日。終了日は省略可能。

・hl=ja
 言語。

・ie=utf-8
 文字コード。

・num=[1-100]
 最大項目数。
 ※非インターフェイスモードのみ。

・output=[atom|rss]
 出力形式。
 ※非インターフェイスモードのみ。

・q=[STRING]
 検索フレーズ。
 UTF-8でURLエンコードすること。
 ※JUGEMはEUC-JP。

<サンプル>


*おまけ

・http://blogsearch.google.com/blogsearch/blogsearch_atom.css
 ATOMのCSSのURL。

Amazon.co.jpの検索URL

「Amazon.co.jpで商品を検索するURL」をプチハックしてみる。

http://www.amazon.co.jp/gp/search/?field-keywords=【商品名】

最短これで検索できる。
ただし、商品名には英語しか使えないし、カテゴリーは音楽に限定される(ようです)。

http://www.amazon.co.jp/gp/search/?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&field-keywords=【商品名】

これで日本語が使える。

http://www.amazon.co.jp/gp/search/?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3D【カテゴリー名】&field-keywords=【商品名】

これでカテゴリーも指定できる。
カテゴリー名を「aps」とすると、全カテゴリーから検索できる。
以下、サンプル。


…IEではアドレスバーに直接入力しないと、文字化けしてしまった。ふーやれやれ(;'з')
ごめんなさい、URLエンコード忘れていました…。
(URLエンコードはシフトJIS。)

アーカイブ

広告